ニュース
RSS

TeamT5とAnomaliが提携 台湾とアメリカが共同で情報セキュリティ対策

9.22.2020TeamT5 Media Center
Share:

先日、世界的に有名な情報セキュリティ・脅威インテリジェンスのプラットフォーム業者「Anomali」と、我が国で最も潜在力を秘めた情報セキュリティのベンチャー企業「TeamT5」が提携しました。アジア太平洋地域におけるTeamT5のAPT攻撃分野に関する洞察、研究、分析能力は各方面から評価されています。今後、Anomaliの脅威インテリジェンスプラットフォームにTeamT5の情報も掲載され、世界のAnomali ユーザーに、より全面的かつ独自の脅威インテリジェンスが提供されます。
今回の提携は情報セキュリティ界および双方のユーザーにとって大きな意義があります。Anomaliの台湾総代理店であるApertex(衡崴科技)の林大森総経理は以下のように述べています。Anomaliは情報プラットフォームのリーダーとして、より広範囲かつ多様な情報セキュリティ・脅威インテリジェンスの収集に力を注いでおり、台湾は地政学的な要因から中国や北朝鮮など、さまざまな新しい情報セキュリティの攻撃パターンを一早く把握することができます。Anomaliが、TeamT5の専門的な情報を取り入れることで、世界中のAnomaliユーザーはアジア太平洋地域におけるAPT攻撃の対策および素早い対応が可能になります。
アジア太平洋地域のAPTに関する情報において、TeamT5がAnomaliの主要パートナーになることには、2つの意義があります。TeamT5の蔡松廷執行長は、AnomaliとTeamT5の提携により、ユーザーにとって脅威の可視性が高まるほか、TeamT5ブランドも世界の情報セキュリティを必要とする市場で認知度が高まると述べています。
今後、アメリカと中国は、さらに全面的かつ全方向の競争に突入すると考えられています。軍事、貿易、テクノロジーのほか情報通信の競争が起こり、誰もが情報戦(冷戦)に巻き込まれることになります。今回のAnomaliとTeamT5の提携は、アメリカと台湾が互いに補完しながら防衛することを意味しています。提携の相乗効果により、さらに多くの大手企業が積極的に情報セキュリティの完備に力を注ぐことを期待しています。

9.22.2020TeamT5 Media Center
Share: