ThreatVision - A Portal to See Through the Chaos

ThreatVisionとは、 APAC(アジア太平洋地域)を中心としたサイバー脅威インテリジェンスの提供に特化した、包括的なインテリジェンスプラットフォームです。APACにおける悪意のあるコード、APT(Advanced Persistent Threat)グループ、サイバー脅威の調査において20年以上の実績を持つThreatVisionは、組織に豊富なインテリジェンスリソースを提供しています。

ThreatVisionのカスタマイズ可能なインテリジェンス調査とコンサルティングサービスは、ユーザーフレンドリーなインターフェースと精選されたレポートとともに、組織が情報に基づいた意思決定を行えるよう支援し、セキュリティリソースを効果的に割り当て、サイバーセキュリティの強化をお手伝いします。

135を超えるアジア太平洋を中心とした敵対者を追跡します
1,100以上のAPTバックドアを追跡します

侵害指標 (IoCs)
侵害指標 (IoCs)

脅威を迅速に特定し、企業内の攻撃源を追跡するための重要な 手がかりとなります。

脅威ハンティングツール
脅威ハンティングツール

現在の環境を迅速に理解し、潜在的な問題を特定するための直接的な検出機能を提供します。

インテリジェンスレポート
インテリジェンスレポート

ハッカーの行動を分析し、攻撃とその背後にある動機のより深い理解に関する情報を提供します。

敵対者およびマルウェアのギャラリー
敵対者およびマルウェアのギャラリー

悪意のあるグループとプログラムに関して、直接の情報源から収集されたファイルのライブラリを提供し、脅威の理解を可能にします。

RFIサービス
RFIサービス

アナリストがカスタムレポートやツールサービスを顧客に提供し、パーソナライズされたインテリジェンスを実現します。

APIサービス
APIサービス

プラットフォーム リソースを迅速に統合し、インテリジェンスの 自動化を促進します。

intelligence

インテリジェンスは、状況を理解しサイバー脅威に対抗する行動を取る能力を関係者に対して提供するための貴重な情報です。

長年に渡り、私たちは企業の堅牢なサイバーセキュリティ防御への要望について理解を深めてきました。同時に私たちは、悪意のある攻撃者が採用している戦略についても深い洞察を得てきました。

私たちは、脅威インテリジェンスはサイバー防御に不可欠なものであると考えているため、価値のあるインテリジェンスの提供に重点を置いています。私たちは攻撃者がどのように動くかを注意深く研究し、無関係なものを除外し、貴重な情報を収集します。 その結果、企業は当社のインテリジェンスを活用して、迅速かつ適切な対応が可能になります。

脅威インテリジェンスは単なる流行語ではありません。 それは必要不可欠なものなのです。 それは必需品です。 意思決定者からリスク管理者、インシデント対応者に至るまで、企業の情報セキュリティチームの全員が独自の課題に直面しています。

ThreatVisionは、戦略的、運用的、戦術的な脅威インテリジェンスを提供することで、意思決定者、リスクマネージャー、インシデント対応者など、サイバーセキュリティ環境内のさまざまな役割に対応します。これは、C-level(経営幹部)、リスクマネージャー、インシデント対応者が脅威の状況を理解し、悪意のある行為者を特定し、サイバー脅威に対する効果的な防御を展開するのに役立ちます。

企業の情報セキュリティに関する意思決定の役割
企業の情報セキュリティに関する意思決定の役割
年間情報セキュリティ計画

企業はハッカー集団の標的となる業種や得意な攻撃手法に応じてリソースを効果的に配分し、弱点を強化する。

リスク管理とガバナンスの役割
リスク管理とガバナンスの役割
情報セキュリティ戦略の展開

企業は攻撃の戦術、技術、手順(TTP)に応じて日常の運用ルールを策定し、ネットワークセキュリティリスクを評価します。

情報セキュリティインシデント対応の役割
情報セキュリティインシデント対応の役割
日常業務

企業は、攻撃操作に関連する IoC とツールキットを参照し、特定の不審なイベントを監視し、迅速に防御して対応します。

アジア太平洋地域の急速に進化するデジタル環境では、ローカライズされたサイバー脅威インテリジェンスの必要性が最も重要です。

アジア太平洋地域のサイバー脅威インテリジェンスの研究に 20 年以上献身的に取り組んできた私たちのチームは中国語に堪能であり、この地域の APT ハッカー グループ、特に中国を起源とするグループに対する深い理解と相まって、私たちは唯一無二の存在と言えます。<br><br>攻撃の詳細とテクニックに関する広範な知識が、Black Hat Asia、Code Blue、AVTokyo、Troopers、Hack In The Box、FIRSTなどの世界クラスのカンファレンスにおいて私たちを注目の存在としてきました。

ユニークなアプローチ
ユニークなアプローチ

オープンソースインテリジェンスを再配布するだけの多くのプラットフォームとは異なり、ThreatVisionは社内でインテリジェンスを調査および分析する意味で独自の存在と言えます。 これにより、提供されるインテリジェンスが最新であるだけでなく、より正確であることが保証されます。データを明確に提示することで、技術者以外のユーザーがデータにアクセスできるようになり、複雑なサイバーセキュリティの脅威とビジネス上の意思決定者とのギャップを埋めることができます。

APT(高度標的型攻撃)にフォーカス
APT(高度標的型攻撃)にフォーカス

私たちのチームは、ホワイトハッキングに関する広範な背景を活用し、攻撃者の動機とテクニックを解読する鋭い能力を備えています。この熟練された能力は、その長期間にわたる隠密性で知られる、高度で持続的な脅威(APT)攻撃の特定と分析にも及びます。この洞察を武器に、当社は、これらの脅威アクターが採用する高度な戦術に効果的に対抗する、対象を絞った防御戦略の策定に優れています。

ThreatVisionのインテリジェンスレポートは、以下の3つのカテゴリーに分類されています:

APT in Asia(アジアにおけるAPT)、Vulnerability(脆弱性関連)、Cyber Affairs(サイバー関連政策・事件)。<br><br>これらのレポートは、意思決定と対応のための貴重な洞察を提供します。

APT in Asia  (アジアにおけるAPT)
APT in Asia (アジアにおけるAPT)

TeamT5のアジアにおけるAPTインテリジェンスは、アジア太平洋地域に戦略的かつ実用的なインテリジェンスを提供します。

Check

ユーザーは、最新のトレンドと現在の脅威の状況を理解することができます。

Vulnerability(脆弱性関連)
Vulnerability(脆弱性関連)

TeamT5の脆弱性インテリジェンスは、重大で悪用される可能性の高い脆弱性に関する技術的な詳細を提供します。

Check

ユーザーはこれを使用して、これらの重大で悪用可能性の高い脆弱性によってもたらされる脅威を軽減できます。

Cyber Affairs(サイバー関連政策・事件)
Cyber Affairs(サイバー関連政策・事件)

TeamT5 の サイバー アフェアーズ インテリジェンス は、中国語圏のサイバー世界に関する戦略的なサイバー インテリジェンスを提供します。

Check

ユーザーは、新興超大国である中国のサイバー能力を理解できます。 これには中国語圏のサイバー世界も含まれており、最新の政策、規制、サイバーインシデントをカバーしています。

Learn More

お問い合わせ

脅威インテリジェンス製品、APTソリューションをお探しの場合や、TeamT5に関するご質問は下のフォームよりお問い合わせください。
会社名

産業分類

従業員数

職名
電話番号
メールアドレス

国名

質問 (Optional)
プライバシー及びクッキーポリシーを確認し、同意しました。
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.
We use cookies to provide you with the best user experience. By continuing to use this website, you agree to ourPrivacy & Cookies Policy.