【脅威インテリジェンスレポート】サイバー脅威の現状を把握して、先手を打ちましょう!
製品及びサービス

ネットワーク攻撃を受けた場合、どのような対処が適切でしょうか?

2023.02.15GSS & IR Team
Share:
企業や組織がサイバー攻撃を受けた際、適切なアクションを実行し、マイナス影響を軽減することが重要です。 インシデントレスポンスチームと協力することで、企業はより早く正しい方向性に戻ることができます。
さらに、私たちのインシデントレスポンスチームは攻撃の原因を見つけ、更なる損失や攻撃を避けるために問題の根本に対処する事ができます。
サイバー攻撃に対処する手順 TeamT5のインシデント対応のエキスパートはサイバー攻撃により適切に対処する為に以下のステップを講じることを提案いたします。

  • 不完全なログから侵入コンテキストを見つける
ほとんどの攻撃者は、侵入行為や侵入手順を隠蔽するためにログを削除します。 したがって、情報セキュリティ インシデント対応担当者は、攻撃者の侵入コンテキストを分析するために、不完全なログから削除されていないレコードを見つけるために全力を尽くす必要があります。

  • 攻撃者の侵入時刻と経路を特定する
情報セキュリティ インシデント対応担当者は、侵入時点、侵入方法、侵入プロセスなどのログ記録を通じて、侵入イベントの外観を徐々に復元し、確立します。
より具体的には、情報セキュリティインシデント対応担当者は、段階的な調査と分析を通じて、どのマシンからどの脆弱性を通じてシステムに侵入されたのか、どのくらいの期間にわたってシステムに侵入されたのか、どのデータが攻撃者によって盗まれたのかを企業が明らかにするのを支援します。詳細については。

  • 通常業務の再開
情報セキュリティインシデント対応担当者は、企業が攻撃者の侵入経路をブロックし、攻撃者によって埋められたバックドアを削除することで、攻撃者が同じバックドアを使用してシステムに再度侵入するのを防ぐのに役立つ完全な技術能力を備えている必要があります。 さらに、企業がシステムをオンラインに戻して通常の運用を再開できるよう支援します。

  • 企業の情報セキュリティ ガバナンス全体に関する提案を提供する
テクノロジーは日々変化し、攻撃手法も日々変化していますが、企業の情報セキュリティ計画を適切に実行し続けることによってのみ、企業の情報セキュリティのレジリエンスを高めることができます。 情報セキュリティインシデントへの対応と処理を完了するには、企業のサイバーセキュリティの計画と実行について総合的な提案を提供する経験豊富な専門家が必要です。
情報セキュリティ管理の提案には、ネットワークのセグメンテーション、リアルタイムで更新されないシステム パッケージ (攻撃者はゼロデイ脆弱性を介して直接侵入できる)、イントラネット防御の強化 (たとえば、多くの企業がイントラネット サービスに同じパスワード セットを使用しているなど) が含まれます。二段階認証メカニズム/2FA が採用されていない場合、攻撃者がパスワードの 1 つを習得すると、さらに各システムのパスワードと権限を習得することができ、攻撃者は企業のすべての情報を迅速に取得できます。

まとめ

今日の商業活動や企業運営は情報システムに大きく依存しており、サイバー攻撃や重大な情報セキュリティインシデントが発生した場合、日常業務に大きな影響を及ぼします。
企業は、インシデントの分析とシステムの回復の為に専門の情報セキュリティインシデント対応チームの支援を求めることを推奨いたします。
これにより、さらなる損失を効果的に回避し、迅速に正しい運用軌道に戻すことができます。


TeamT5 チームは、長年にわたりハッカー グループの侵入行動の研究と分析を行っており、国内外の第一線の情報セキュリティ インシデントの処理において豊富な経験を持っています。 攻撃者の侵入を検知した場合、インシデントのインパクトと技術的原因を調査し、お客様のインシデント処理のための解決策と回避策を提供し、情報の復元と改善を支援します。
情報セキュリティ インシデントの処理と対応が必要な場合は、相談フォームにご記入ください。 https://teamt5.org/jp/request-information/
2023.02.15GSS & IR Team
Share:
We use cookies to provide you with the best user experience. By continuing to use this website, you agree to ourPrivacy & Cookies Policy.